転職

アラサー女子のこれまでの転職事情

こんにちは!アラサー女子のにこふみ(@nicofumi25)です。

私は、転職回数が多いアラサー女子なんですが、
今日は実際に転職をする際にどうやって転職したのかについて書いていこうと思います。
 

第一歩はやっぱり怖いもの

時々ツイッターで転職についての相談がきます。

・どうやって転職しましたか?
・何の仕事がいいと思いますか?
・勇気が出ないんですけどどうしたらいいですか?

という相談が多いです。

転職するって結構勇気がいりますよね・・・。
私も転職回数は多いものの、

毎回転職することにビビります。

だって誰に相談しても、
どんな転職サイトに登録しても、
転職先がいい会社かどうかなんて絶対的な約束はないし、自分に向いているかどうかなんてわからないじゃないですか。

でも、誰かに相談することも、
転職サイトに登録することも、

第一歩になることは確かです。

第一歩を踏み出すのってやっぱり怖いもの。

私もそうでした。
でも行動した先に結果が待っていることは間違いのない事実。

では、冒頭であげた質問に答えいていきたいと思います!
 

どうやって転職したのかについて

私の転職方法は、

・転職サイトに何個も登録
・ハローワークにいく
・コネクション
・社長さんの名前をfacebookで検索し、メッセージを送る

それぞれについて説明していきます!
 

転職サイトに登録

私は転職したいと思った時、まずは転職サイトに登録しました!

今の仕事が辛い!転職したい!という気持ちがあっても
何か始めなければ何にも変わらないままです。

転職サイトに登録していない人は、
まず登録してみるだけでもOK!

ほとんどの転職サイトは
登録無料
です!

何の仕事がしたいかわからなくても
例えば働きたい地域ではどんな仕事が募集されているのか?など
まずは流し見でもいいから見てみることも第一歩。

私は転職したいときは毎晩のように転職サイトを漁っていました。

実際に使用していた転職サイトをご紹介します。
 

1.とらばーゆ

一つ目は、
女性専用の転職サイト
とらばーゆ」です。

女性の平均勤続年数10年以上の求人」が探せる
アラサー女子に本当にオススメしたい転職サイトです。

私はその当時アパレル販売員の転職先を探していました。

・「駅に近いオフィス」
・「ジーンズOKなオフィス」

などユーザーのわがまま条件で仕事が探せるフィット感の高いサイトで、
私も理想通りの転職先を見つけ、無事にその会社に転職することができました。

私は、20歳で服飾専門学校を卒業し、新卒入社した大手アパレル会社でアパレル販売員をしていたんです。
百貨店勤務になったこともあり、毎月の社販代(店頭で着なくてはならない服)の金額は7万円くらい。

お洋服はもちろん、

・ネイル代
・マツエク代
・指定の化粧品代

など飛ぶようにお金が消えていき、
生活できなくなり入社3ヶ月で辞め、営業事務に転職。

やっぱりアパレルの仕事がしたい!と思い、

・社販を無理に切らなくてもいい

という条件で転職先を探し、無事に店頭で着用する服は会社支給という会社に転職することができました。

女性にオススメの転職サイト
とらばーゆ
 

2.はたらいく

二つ目は、
地元・地域密着型の転職サイト「はたらいく」です。

とにかく地域密着型なので、
自分が働きたい地域の仕事が探しやすいです。

Uターン就職やIターン就職を考えてる方にオススメ!
私も実際Uターン就職しました!

Uターン・Iターン就職したい方にオススメの転職サイト
はたらいく
 

ハローワークにいく

定番ですが、ハローワークに行く。
が、私は正直ハローワークがとても苦手!

めんどくさがりの私には、
ハローワークに行き、
一人で検索したりして、履歴書を見てもらったりして、
そこから会社とやりとりっていうのがものすごくめんどくさい。
一人でパソコンでカチカチ探すのが暇すぎて担当のおっちゃんに

にこふみ

そろそろ働きたーーーい!どこがいいかな???

とか話しかけてました(笑)

一つの方法としては多いにありだと思います。

ハローワーク
 

コネクション

コネクション入社はオススメできません。
なぜなら辞める時にとても言いにくいから。
私は、それで悩みすぎて胃痙攣になり、
病院通いになった経験があります。
甘い考えからとても迷惑をかけてしまったので、
今でもとても申し訳ない気持ちがあります。
 

社長さんの名前をfacebookで検索し、メッセージを送る

これについては後日noteで書きたいと考えています。
 
 

何の仕事がいいと思いますか?について

何の仕事がいいと思いますか?という質問についてですが、

にこふみ

わかりません!!!!(笑)

と言いたいところだけれど、その気持ち実はとてもわかります。

私はアパレルの仕事をしていた期間が長いですが、今は違う仕事をしています。
何の仕事がいいかなんてやってみないと案外わからないものです。

自分の性格や絶対に外せない条件を考えてみるのがオススメです。

例えば私はどちらかというと単純作業は絶対に無理で、
人と接する方がいい。

ということだけは自分の性格からしてわかります。
もうその時点で工場勤務とかは無理ですね。
そんな感じでって絞っていくのもありですし、

・何が向いているかわからない
・何の仕事がしたいのかわからない

という人は周りの人に聞いてみるのも一つの手です。

私は、

・エステティシャン
・美容師
・旅行会社

など言われたことがあります。案外予想外の答えが返ってくるかもですよ。
 

勇気が出ないということについて

転職する勇気が出ない件についてですが、
これ本当にわかります。
辞めると言いだすのにも、職を変えることも、やっぱり勇気がいりますよね。

何をするにしても一歩踏み出すときはいつもドキドキです。

一番オススメなのは会社以外にも居場所があることを認識する、または会社以外に居場所を作るということです。
会社だけがあなたの居場所ではありません。

そんなときにおすすめの本です。

created by Rinker
¥1,260
(2018/12/15 18:28:27時点 Amazon調べ-詳細)

漫画でとってもわかりやすい上にこれからの自分の働き方について考える上で
本当にいいことが詰まっています。

私自身もう何度も読み返して
何度も勇気をもらっている本です。

ぜひ読んでみてくださいね!

にこふみでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です